メキシコ、オハエラ鉱山のアダム鉱 | 小さな星雲 ジュエリー

1/8

メキシコ、オハエラ鉱山のアダム鉱

¥12,650 tax included

the last one

SOLD OUT

10/31/2021 00:00 に販売終了しました

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥15,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

メキシコ、オハエラ鉱山のアダム鉱です。

とても小さな明るい黄色の結晶がびっしり集まった、
サムネイルサイズの標本です。
結晶のひとつひとつがとても綺麗。
そして紫外線長波でこのように強い黄色の蛍光を見せてくれます。

アダム鉱は亜鉛の入った砒酸塩鉱物で、
メキシコのオハエラ鉱山はその有名な産地のひとつです。
谷を渡る大きな橋が目印の観光地でもあります。
オハエラはメキシコのドゥランゴにある廃墟の町で、鉱山があった2つの大きな丘と、労働者が住んでいた場所の間にあります。
オハエラは、マピミの東側を車で15分、未舗装の道路沿いにあり、ドゥランゴ州の最北端にあり、トレオンとゴメスパラシオから約1時間です。

この町の名前は、この場所の鉱物資源を発見したスペインの征服者フランシスコ・デ・オハエラに由来しています。

オハエラ鉱山は1598年にスペイン人によって発見され、350年間利用されました。
植民地時代には、金、銀、亜鉛、マンガンが採掘されました。
5000人以上の人々が住むようになったオハエラは繁栄していきました。
20世紀半ばにサンタリタ鉱山が部分的に浸水したとき、当時の快適さをすべて備えていた町は放棄されました。
寺院、店、カジノ、テニスコート、さらにはプールさえも、侵食されたまま忘れ去られていきました。

オハエラ鉱山は19世紀の終わりにペニョーレス鉱山会社に買収され、
1927年に鉱物学者フォシャグが訪れたときに世界的に有名になりました。
現在、この鉱山では117の鉱物標本が発見されており、その中でアダマイト、レグランド、コッティガイトが際立っています。

ドゥランゴ州で最も重要なものの1つと見なされており、現在小規模に開発されており、銀、鉛、亜鉛を主に採掘しています。


産地: Ojuela Mine, Mapimí, Mapimí Municipality, Durango, Mexico

サイズ: 25×23×5 mm

Add to Like via app
  • Reviews

    (62)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥12,650 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品